紅葉狩りの由来と歴史

巷ではよく言われていますが、紅葉狩りと聞くと、狩りというだけあって、紅葉を取ったり狩ったりするの?と思うかもしれません。

いちご狩りとかはそうですよね。いちごを取ったりすることです。でも、ご存知のように紅葉狩りは狩らないで見ることですね。

しかし、紅葉狩りという名前には由来があってこのような名前になったとのこと。今回はその由来について紹介していきたいと思います。

紅葉狩りの意味とその由来

紅葉狩りとは、紅葉を見に山野へ出かけることと定義されています。紅葉を鑑賞しに行くことという意味で理解していいと思います。

ではなぜ紅葉は眺めて鑑賞するときに、狩りというのでしょうか。

その由来としては諸説ありますが、狩りという言葉には、動物などを狩る意外にも、それぞれの季節で植物や花などの美しさを鑑賞することを、昔の人は「狩り」と言っていたことから紅葉狩りという言葉ができたそうです。

また、昔の絵画や掛け軸などに紅葉の枝を手に持って楽しむ姿が描かれているものが、たまにあるそうです。

つまり、枝を折って手にしているということ。まさに狩っていることになりますね。

さらには、狩猟をしない貴族にとって、狩猟せずとも山に行って紅葉などを鑑賞することを洒落た意味もこめて紅葉狩りと言っていた、という説もあります。

ただ、どの説も決め手はなく、これが有力というのは無いそうです。

個人的にしっくりくるのは、紅葉の枝を手に取っている絵が残っていることですね。昔は狩っていたのですよ。たぶん。きっと。

紅葉狩りについての歴史

そんな紅葉狩りですが、貴族の頃に言葉が出来たと上記に述べましたが、能の一曲としても登場していたことが分かりました。

観世小次郎信光作で、平維茂の鬼退治を描いている一曲だそうです。作者の信光は、『船弁慶』『鐘巻』を作ったことでも有名だそうです。

紅葉狩りは、初期の登場人物が多い、ワキの積極的な関与が見られるなど、劇的構成を目指した比較的新しいスタイルの能であったそうで、昔からの言葉だと思うと感動しちゃいますね。

まとめ

紅葉狩りの由来と歴史について、いかがでしたでしょうか。

紅葉狩りという言葉の意味を知らないという方は意外と多いかと思います。私も今回初めてこの言葉の意味を知りました。

また、この言葉の歴史や能の一曲ともなっていたという話を知ると、とても感慨深い気持ちになりました。

そんなことを思いながら紅葉狩りに行くと、さらに趣深い気持ちで紅葉を楽しめるんじゃないかと思います。

ぜひ、今回の内容を参考に、紅葉狩りも楽しんでみてください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です