日本人はなぜ花見をするの?時代とともに変化してきたその理由とは?

春の訪れを一番実感する瞬間と言えば何と言っても桜が咲いたときです。

桜が咲き始めると花見のことで頭がいっぱいという人も多いでしょう。それくらい日本人は花見が大好きです。

満開の桜も夜桜も舞散る花びらもつい見とれてしまいますよね。

花より団子の人もたくさんいますが団子が美味しいのも桜があってこそ。

でもどうして日本人は花見をするんでしょう?

そもそも海外では日本人のように桜の木の下に集まって食事やお酒を楽しむ文化はありません。花見は日本独自の文化といえます。

そこで花見の歴史を調べてみたら時代によって花見の目的も違ったことがわかりました。

昔の花見は梅だった!貴族から始まった花見文化

花見文化の起源は奈良時代にありました。

中国の遣唐使からいろいろなものを取り入れていた奈良時代。この時代の花見といえば桜ではなく中国から伝わった梅でした。

貴族が集まり梅を見ながら歌を詠む会をしていたことがそもそもの花見の始まりとされています。

梅には魔除けの効果があるとされ花見の目的は楽しむためというより儀式的な意味合いが強かったようです。

そして当時の梅人気を表しているのが万葉集に出てくる歌の数。

桜を詠んだ歌は43句、一方で梅を詠んだ歌は110句と梅の方がメインとなっています。

その後遣唐使が廃止され、日本独自の文化が発展していく中で桜の美しさにも注目されるようになったというわけです。

時代とともに桜が花見のメインに

歴史に残る最初の桜の花見は嵯峨天皇が812年に神泉苑というお寺で行ったとされる「花宴の節」です。

桜の美しさに感動した嵯峨天皇が梅ではなく桜で花見をしようと言いだしたことで行われました。

花宴の節は歌や踊りの催しがあり、奈良時代の花見よりも娯楽的要素を取り入れたものでした。

これがきっかけで花見といえば桜という考えが世間に広まっていきました。

神泉苑は花見の発祥地として今も残っていてまるで平安時代へタイムスリップしたかのような雰囲気を感じながら花見を楽しむことが出来ます。

今の宴会スタイルの花見は秀吉が始めたもの

鎌倉時代以降は主に貴族のものだった花見が武士の間でも行われるようになります。

今の宴会スタイルに近い花見を始めたのは秀吉でした。

新しいこと面白いこと好きの秀吉が行った花見は手間と財力をかけた渾身の一大イベント。

この「醍醐の花見」はもともと桜がなかった場所にわざわざ桜を持ってきて植えたことで有名でその数何と700本。

自分で桜の名所を作ってしまうなんてやることのスケールが大きすぎてビックリですね。

さらに豪華な料理と酒を振る舞い、招待した1300人の女性の衣装代だけでも現在の40億円もかかったとか。

何だか税金の無駄遣いで一揆でも起こりそうですが民衆からのウケは上々?だったのでしょうか。

これを期に一般人にも宴会スタイルの花見が広まっていきました。

秀吉は翌年に花見をすることが叶わずにこの世を去りますが、花の醍醐と呼ばれる桜の名所と新しい花見のスタイルは後世に受け継がれています。

もうひとつの花見の有力説

もうひとつの説に「花見は奈良時代よりも古くから行われていた」というものがあります。

そもそも本来は桜といえば豊作祈願や厄除けなどで崇められる神聖な存在でした。

満開の桜には神が宿ると考えられていたのです。

古くから農村では酒や食べ物を桜の木の下にお供えし神様をもてなしたと言われています。

その後で酒や食べ物をみんなで分け合いながら神様との時間を過ごしたということです。

また、暦が確立されていなかった時代には桜の開花は農作業を始める上でカレンダー代わりでもありました。

昔の桜の花見には見て楽しむ以上の意味があったのです。

また、桜という言葉は「サ」と「クラ」の2つの意味を持っている言葉といわれています。

春の訪れを告げるために里に降りてきた稲「サ」の神が憑依する場「クラ」という2つの言葉が合わさって桜と呼ぶようになったそうです。

まとめ

日本の文化は四季の影響を強く受けつつ独特の発展してきました。

その中でも春が訪れたことを告げる桜の開花は昔から特別なものでした。

桜の花は本当に春の訪れを告げるためだけに花を咲かせていると思えるくらいにあっという間に散ってしまいます。

1週間ほどしか咲かない儚さがあるからこそ特別心に残るものがあるのですね。

今度の花見では花と団子だけでなくその歴史も感じながら楽しんで見てはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です