ストレスに強くなる考え方

ストレスに強くなる思考、思考次第でストレスに強くなれるという個人的見解を述べていきたいと思います。

ストレスに対して強くなるために

  • 肉体的または精神的に負荷をかけることを少なく済ませること。
  • やむを得ない最小限度のストレスを解除できる能力を身につけること。

以上が理想的なストレスに強くなる方法と考えていますが、現実的には前者より後者の考え方になると思います。

前者、負荷をかけることを少なく済まそうと考えた場合、例えば行動や発言などが消極的となり、社会的に貢献するということと相反することにもなりかねません。

肉体的精神的に害になることを少なく済まようとするならば、ご自分の立場、立ち位置を認識したうえで振る舞うことが現代社会では不可欠ですね。

当然ながら、社会の最前線でバリバリに働いている方と、すでに引退されて俗にいう隠居生活をされている方とでは、立場が異なり、ストレスの質や量も異なります。

場合によっては、負荷をかけることを回避するような言動が有効かもしれませんが、基本的には最小限度のストレスを解除する能力を身につける方向で述べていきたいと思います。

ストレス解除の方法

まずは、いわゆるストレス発散の手段を自分なりに持つことです。意外とこれが無い方が多いようです。

日常、何も考えないが必ずする行動もストレス発散と考えるだけでもいいと思います。食事、休息、睡眠などですね。

次に考え方です。

  • 上司が怒るのは立場上仕方がない
  • 自分に攻撃しているのではなく意見・異論を唱えているだけ
  • 完璧ではなくてもいい
  • このストレスを制御出来れば成長できる
  • 出来不出来の結果で解雇にはならない
  • 人の発言にも一理ある
  • つい感情的になるのはお互い様
  • 他人の意見、考え方が自分と同じとは限らない
  • 自分だったらこうする、が他人も同じことをするとは限らない
  • 自己管理がまだまだ未熟
  • 同情を求めない
  • 短気なのは仕方がないので自覚はしておく

例えば、上司に意見するにしても

「だったら自分でやってみろ」と思いながら意見するのと「この人の立場上仕方ない」と思いながら意見するのとでは、ストレスがまるで異なります。

ストレス解除の能力とは、繰り返し自分に言い聞かせてやがては理解できる思考になることだと思っています。

世の中のストレスと呼ばれるものは平等に降り注いでいますが、公平ではないですね。

極端な話、心身にハンデがある方と健常者では、同じ出来事でもストレスの強さ、受け止め方は恐らく違うでしょう。

肉体的に恵まれている方と子供とでは、同じ労働でもストレスは大きく異なります。でもそれは仕方のないことですので平等と理解する努力がストレスに強くなる一因とも感じます。

自分がストレスに弱いという認識なら、人より思考を深め広げることを繰り返し、精神的にタフにならないといつまでたっても弱いままだと思いませんか。

頑張って、ストレスを解除する思考を身につけてください。私もまだまだなので頑張ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です